位置
イヤフォン → ケーブル込み162g!! ノートPCを充電できる小さなPD充電器を買ってみた【テレワークグッズレビュー 第4回】 - INTERNET Watch

ケーブル込み162g!! ノートPCを充電できる小さなPD充電器を買ってみた【テレワークグッズレビュー 第4回】 - INTERNET Watch

 編集部員が自らのテレワーク環境を改善するために便利だと思ったものを紹介するこのレビュー。かの人の言葉を借りるなら「リアルガチ」の企画である。しかしリアルにやっていればこそトラブルも発生する。

 リアルの世界で時として起こりうるトラブル。その1つ 「買った直後に新製品」。

 今回扱っているのはAnkerの65W対応の小型PD充電器である。熱心な読者であれば、昨日(7月8日)に発表になった新製品を思い浮かべるかもしれないが、この原稿は7月7日に書かれたもの。まさか翌日新製品が出るとも知らずに書かれたものであることをご承知の上、温かい目で読んでいただければ幸いである。

ケーブル込み162g!! ノートPCを充電できる小さなPD充電器を買ってみた【テレワークグッズレビュー 第4回】 - INTERNET Watch


 コロナ禍以降、出社率の下がったオフィスでは模様替えが進められている。個人のデスクはなくなり、どこでも好きな場所に座れるフリーアドレスに変更されるのだ。

 それに先だって自分のデスクの荷物は撤収したのだが、先日久しぶりに出社したら、うっかりノートPCの電源アダプターを忘れてしまった。以前なら自分のデスクにアダプターをしまっておいたので、ノートPCだけ持ち歩けばよかったのだが、前回出社したときに撤収していたのを忘れていた。とりあえずバッテリーは満タンだったのでなんとか事なきを得たが、これからは電源やマウス(トラックボール)なども常に持って歩かなければならないわけだ。

 ただでさえ出社の機会が減って、たまの出社にはうっかり忘れ物をしがちなので、カバンの中に持ち歩き用の一式をパッケージとしてまとめてしまいたい。とするとできるだけコンパクトで軽量な電源が欲しくなる。

 幸いなことに自分が使っているノートPC(ThinkPad T480s)はUSB PD(Power Delivery)による充電に対応している。これはUSB Type-Cのコネクタから充電できるというもので、USB PDに対応した汎用の充電器で充電することが可能だ。USB PDはスマートフォンやゲーム機などでも使われる規格なので、各社から多くのPD充電器が発売されている。

タグ: