位置
イヤフォン → イヤホン巻取り式の高級ポケットラジオの集大成 (2021年9月4日) - エキサイトニュース

イヤホン巻取り式の高級ポケットラジオの集大成 (2021年9月4日) - エキサイトニュース

本体右側のシボ加工が革のような高級感を醸し出す、パナソニックの「RF-ND380R」は、イヤホン巻き取り式のポケットラジオです。長年、ソニーとパナソニックで、高級ポケットラジオ市場を争う状況が続いていましたが、その集大成ともいえる仕上がり。コミュニティFM専用ボタンも搭載して防災ラジオとしても活躍します。

イヤホン巻取り式の高級ポケットラジオの集大成の画像はこちら >>

RF-ND380RにコミュニティFMボタン

パナソニックのポケットラジオ「RF-ND380R」は、カナ表示のディスプレイ(35W×19Dmm)に、地域選局のエリアコールなど機能は豊富です。

プリセットボタンはAM/FM波で各10局と十分な数が用意されているので、隣県の放送局もメモリー可能。情報収集能力は格段に高くなります。

イヤホン巻取り式の高級ポケットラジオの集大成 (2021年9月4日) - エキサイトニュース

これとは別に、災害時に地域密着の情報を放送するコミュニティFM局を1局メモリーする、専用の「コミュニティFM」ボタンはRF-ND380Rだけの機能です。

AM/FMラジオ放送ともに受信感度は良好ですが、AM波は感度が高い分、やや外来ノイズの影響を受けやすい印象です。

RF-ND380Rのパナソニック特有の弱点

RF-ND380Rのスピーカーの音はレンジが少し狭いものの、イヤホンで聞く音はレンジが広くバランスが取れていてなかなかの仕上がり。「快聴音」や「ノイズクリアー」を使って、好みの音で聞くこともできます。

音量を通常より上げていくと、「独特のひずみ」が出てくるのですが、下位機のRF-NA35Rと違いイヤホン使用時は発生しませんでした。パナソニック特有の弱点なのかもしれません。

RF-ND380Rの受信周波数は525~1629kHz(9kHzステップ・AMラジオ放送)、76.0~108.0MHz(0.1MHzステップ・FMラジオ放送)。スピーカー外径/出力は28mm/75mWです。電源は単3形乾電池×1本となります。サイズ/重さは60W×95H×14Dmm/101g。実勢価格は7,900円です。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

ラジオライフ.comの記事をもっと見る
タグ: