位置
イヤフォン → 【学校や企業など入室と同時に高速検温と出席確認を実現】検温と同時に顔認証を行い、出席を管理することが可能な「AI 検温モニタ KAOIRO」限定キャンペーン実施中 企業リリース | 日刊工業新聞 電子版

【学校や企業など入室と同時に高速検温と出席確認を実現】検温と同時に顔認証を行い、出席を管理することが可能な「AI 検温モニタ KAOIRO」限定キャンペーン実施中 企業リリース | 日刊工業新聞 電子版

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:LM TOKYO株式会社

【学校や企業など入室と同時に高速検温と出席確認を実現】検温と同時に顔認証を行い、出席を管理することが可能な「AI 検温モニタ KAOIRO」限定キャンペーン実施中 企業リリース | 日刊工業新聞 電子版

先着 1,000台限定のお得なキャンペーンを実施中!2020年5月25日(月)の発売日より多数のお問合せとご注文を心より感謝申し上げます。クラウド版では、PCのブラウザ上で「顔認証」「検温ログ」の確認が可能です。また、複数のKAOIRO端末を「一元管理」することができます。発売を記念し、先着1,000台に限り通常20,000円 / 月のところを特別価格の18,000円 / 月にてご提供いたします。※ご購入の場合、通常250,000円のところを特別価格の220,000円にてご提供いたします。AI 検温モニタ KAOIRO(https://kaoiro.jp)にて、注文受付中です。< 学校や企業など入室と同時に高速検温と出席確認を実現>KAOIRO クラウド版では、PCのブラウザ上で「顔認証」「検温ログ」の確認ができ、その機能を活かして、学校やオフィスで入室と同時に非接触体温測定と出席・出勤管理を実現しました。また、複数のKAOIRO端末を「一元管理」することができるため、取得したデータを様々な用途で活用できます。さらに感染確認された方がいた場合、日時や接触した人数の確認など、2次感染防止の為に情報を有効活用できます。出席・勤怠管理と温度測定データはリアルタイムでエクスポートすることが可能です。< AI 検温モニタ KAOIRO-カオイロ-」のご紹介>新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、ウイルス感染拡大の予防対策がより重要視されている今、非接触体温測定とマスクをしたままの顔認証システムで、感染リスクを最小限に抑えることができるAI 検温モニタです。人が多く集まる場所で、接触リスクを最小限にする「非接触体温測定」で、感染拡大の予防対策が可能になり、施設利用者や従業員、生徒などの一人ひとりの安心感につながります。学校(教育機関)・オフィスビル・介護施設・飲食店・スーパーマーケット・商業施設、医療機関、公共交通機関などの様々な個人販売店から大型施設まで、多種多様なシーンとスタイルでご活用いただける高速体温測定システムとなっております。「KAOIRO」を活用していただくと、非接触で多くの人の複数同時検温をスピーディに行うことが可能です。< AI 検温モニタ KAOIRO-カオイロ-の特長 >●非接触で検温・顔認証を自動検知マスク着用したままでの非接触体温測定で、検温・顔認証が可能。体温の高い人をスピーディーに多数検知できる。自動ドアとの連携が可能●高い温度測定精度温度測定範囲は10~42°C 。誤差 ±0.2°C という精密な温度測定精度を実現。非接触体温測定で異常温度を検知した場合、即時に音声またはブザーで警告し、入室・入場を制御することが可能。●高速検温スピードの実現非接触でスピーディに体温検知を行うことが可能。一人一人が体温計で測定していた従来のシステムとは、比較できないほどの高速検温を実現。体温計の受け渡しなどの人と人との接触防止にも有効。●工事不要、いつでも撤去可能施設の入り口に設置するだけで利用可能。様々なシーンやスタイルで導入可能にするため、複数のスタンド展開。●2万人分のデータ記録、2次感染防止を目指すデータは自動的に保存され、2次的な活用が可能。感染確認された入場者がいた場合、施設利用の日時・接触した人数の確認など、2次感染防止の為に情報を有効活用可能。< クラウド版の特長 >PCブラウザで顔認証・検温のログ確認が可能複数端末を一元管理< 利用方法 >ご利用いただく施設の特徴やシーンにより、様々な利用方法例をご提案します。●医療関係、介護施設利用者の検温とマスク着用確認●学校学校の検温(マスク着用の有無)、出席管理●オフィス出勤・退勤時の従業員の検温(マスク着用の有無)、勤務管理●イベント会場入場確認時の検温(マスク着用の有無)●飲食店(個人販売店)従業員の検温(マスク着用の有無)、勤務管理●商業施設利用前の利用客の検温(マスク着用の有無)※すべてのシーンで、「AI 検温モニタ KAOIRO-カオイロ-」のデータは自動的に保存され、2次的な活用が可能。※感染確認された入場者がいた場合、施設利用の日時・接触した人数の確認など、2次感染防止の為に情報を有効活用可能。< 製品紹介 >様々なシーンやスタイルで導入可能にするため、複数のスタンドを展開しております。(☆専用スタンド 小 or 大 1つ込み)「AI 検温モニタ KAOIRO-カオイロ-」本体価格:20,000円 / 月(税抜)ご購入:250,000円(税抜)「AI 検温モニタ KAOIRO-カオイロ- クラウド版」本体価格:20,000円 / 月(税抜)ご購入:250,000円(税抜)クラウド利用料:2,000円 / 月(税抜)●セット内容本体・接続ケーブル☆専用スタンド 小 or 大 1つ込み●最小注文セット1セット~●オプション製品保証・サポート対応費:2,000円 / 月(税抜)●その他(別途お見積させていただきます。)・初期設定(温度や音声、顔写真登録などの設定)・オンサイトサポート(エリアによる)●主な特徴8インチ IPS 高視野角液晶ディスプレイマスクを着用したままで正確な顔認識を実現、3万人のデータベースをサポート産業用グレードのワイドダイナミックカメラ、夜間赤外線LEDデュアルフォトフラッドランプを採用高パフォーマンスのプロセッサを搭載: Rockchip RK3288(オプション:Rockchip RK3399 、Qualcomm MSM8953)体温検出表示、体温異常の場合は自動警報をサポート勤怠管理と温度測定データはリアルタイムでエクスポートされます自動ドアとの連携が可能<<< 先着 1,000台限りの期間限定キャンペーンを実施!>>>◯ ご利用料金通常20,000円 / 月のところを特別価格の18,000円 / 月にてご提供。◯ ご購入の場合通常250,000円のところを特別価格の220,000円にてご提供。※1,000台が決まり次第、本キャンペーンは終了し、以降通常価格でのご案内となります。< LM TOKYO株式会社について >https://lm-tokyo.co.jp/【会社名】LM TOKYO株式会社【本社】東京都渋谷区千駄ケ谷3丁目16-18【代表取締役】鈴木 直樹企業プレスリリース詳細へPRTIMESトップへ

情報提供元:PRTIMES本リリースの掲載元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000130.000030501.html

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

タグ: