位置
イヤフォン → final、完全ワイヤレスの“新しい定番”「ZE3000」17日発売。約15,800円

final、完全ワイヤレスの“新しい定番”「ZE3000」17日発売。約15,800円

ZE3000(ブラック)

有線イヤホンが中心のfinalは、これまでagブランドの完全ワイヤレスイヤホンの音質監修を手がけており、finalブランドからも「エヴァンゲリオン」コラボモデルなど、複数の完全ワイヤレスイヤホンを発売している。

ZE3000については、「秋のヘッドフォン祭2021 ONLINE」で開発発表しており、今回発売日と価格、製品の詳細が正式に決まった。f-LINKダンピング機構による有線イヤホンと同等の自然な音作りと、新ドライバー「f-Core for Wireless」による超低歪により、「これまでのワイヤレスイヤホンとは一線を画す音質」を追求しており、“完全ワイヤレスイヤホンの新たな定番”として訴求する。

final公式ストアでは、ZE3000の先行予約受付を開始。12月15日正午までの注文で、発売日の12月17日に配送できるという(関東からの遠隔地及び離島を除く)。なお、同ストアの年内出荷の最終受付日時は12月24日18時。

final、完全ワイヤレスの“新しい定番”「ZE3000」17日発売。約15,800円

ZE3000の詳細

ZE3000の製品名は、累計販売台数が国内外で数十万台を超えたという有線イヤホン「E3000」(2017年発売、直販5,580円)に由来する。低価格帯のイヤホンは低域や高域を強調する派手な音作りが一般的だったが、E3000は「音響工学や音響心理学などの学術的な知見に基づき、強調された帯域を作らない自然な音作り」を選択。音楽を楽しむことに集中できる製品として人気を集め、定番イヤホンになったという。

ZE3000の設計にあたっては、「E3000の音質を超える」ことを目指した。完全ワイヤレスイヤホンでは音楽信号を圧縮して伝送する仕組みが一般的で、有線イヤホンと同等の音質を実現するのは難しい。さらに、防水機能を持たせるために本体を完全に密閉する必要があるため、低域が過多になる問題もあったという。

ZE3000では、本体内部の音響空間の圧力を最適化し、外部へのベント(通気孔)なしで有線イヤホンと同等の音作りを可能にするという「f-LINK(エフリンク)ダンピング機構」を新たに開発して搭載。防水性能と低域の適切な音作りの両立が可能になり、「E3000で実現した、強調された帯域を作らない自然な音作りを完全ワイヤレスイヤホンで実現した」とする。

ドライバーユニットにも注力し、超低歪を追求した新設計の「f-Core for Wireless」を搭載。歪み(信号波形の変形)を大幅に低減するために、製造方法からすべてを見直したドライバーで、「他の音に埋もれて聴こえにくかった一音一音の細かな部分を明瞭に聴き分けられるようになり、残響音が減衰していく過程を最後まで聴きとれることで、音楽の音空間の広さまでも感じられる」としている。

Bluetooth 5.2準拠で、コーデックはSBC、AAC、aptXに加えて、高音質・低遅延のaptX Adaptiveをサポート。タッチ操作機能や、オートペアリング機能、片耳モードも備える。イヤホン本体はIPX4の生活防水に対応する。

連続再生時間は最大7時間で、充電ケース込みで最大35時間。SS/S/M/L/LLの5サイズのイヤーピースや、充電用のUSB Type-Cケーブルなどが付属する。

タグ: