位置
イヤフォン → 骨伝導イヤホンからサングラスまで! 注目の“音楽系ガジェット”をピックアップ(J-WAVE NEWS) - Yahoo!ニュース

骨伝導イヤホンからサングラスまで! 注目の“音楽系ガジェット”をピックアップ(J-WAVE NEWS) - Yahoo!ニュース

配信

0コメント0件

骨伝導イヤホンからサングラスまで! 注目の“音楽系ガジェット”をピックアップ(J-WAVE NEWS) - Yahoo!ニュース

林潤、雨のパレード・山崎康介、あっこゴリラ

音楽情報メディア「Spincoaster」の代表・林潤さんと雨のパレード・山崎康介が、注目の音楽系ガジェットを紹介した。二人が登場したのは、J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』(ナビゲーター:あっこゴリラ)。番組では、毎回ゲストを迎え、様々なテーマを掘り下げていく。ここでは3月25日(木)のオンエア内容をテキストで紹介する。

最新の音楽ガジェットを紹介

番組では注目の音楽系ガジェット情報をお届け。ゲストには、独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介する音楽情報メディア「Spincoaster」代表の林潤さんと雨のパレードから山崎康介が登場。あっこゴリラ:林さんは、「South by Southwest」などでガジェットをよくチェックしているそうですね。林:はい。ワイヤレスイヤホン、骨伝導サングラスなど日本に流通する前から取り寄せて使ったりしていたので、音楽ガジェットの新製品のアンテナは他の人より張っていると思います。イヤホンのレビューも自社サイトで行ったりしてます。あっこゴリラ:そんな林さんが、まず紹介してくれる音楽ガジェットは?林:骨伝導イヤホンの決定版 AfterShokzの「OPENCOMM」という商品です。あっこゴリラ:こちらはどういった商品なんですか?林:骨伝導なので耳を塞ぐものではなく骨を伝って聴くものなので、音質を求めるんだったら、イヤホンの場合だと有線ならshure、ワイヤレスならSonyの方がいいと思います。こちらの骨伝導イヤホンのいいところは、耳を塞がないため外の音も拾えるので、仕事中やアウトドアに向いています。自分の場合は、バイクツーリングをしたり、スノーボードをしたりするときにも使用します。あっこゴリラ:確かに、スノボのときとか骨伝導あったらいいですね~。林:さらにこの製品の場合、オープンマイクも付いているので、音楽を聴きながら遠方の人との会話も楽しむことができます。あっこゴリラ:山崎さんは骨伝導使ったことありますか?山崎:もちろん存在は知ってたんですけど、実際に使ったことはなくて。でも、すごい興味あります。今までとは違った音の聴き方ができそうですよね。あっこゴリラ:確かに。あと、ビデオ会議とかにもいいですよね。林:僕も、まさに今使ってます(笑)。特に会話用途では使わないという方には、オープンマイクが付いていない「AfterShokz Aeropex」という商品もおすすめです。続いて林さんが紹介してくれたのは、インテリアとしても飾れる縦型レコードプレーヤー「Floating Record」。あっこゴリラ:これ、ラジオで伝えるの難しいんですけど、レコードが垂直に立っていて見た目がめちゃめちゃかわいい!林:自分も実際使ってるんですけど、こちらの製品は垂直にレコードが回転しているので、レコードが回転している様子をソファーに座りながらでも確認できます。最近のアーティストだと、「カラーヴァイナル」という黒以外の色で施されたレコードを出していたり、制作サイドもこだわってレコードを作っているので、それを通常より視覚的に楽しめるという点で非常におすすめです。あっこゴリラ::垂直になることで普通のレコードプレーヤーに比べて場所を取らないのもいいですよね。林:そうですね。部屋を少し豊かにするインテリアとしてもおすすめの商品です。もっと言うと、レコードプレーヤーは通常、別のスピーカーを接続して使いますが、こちらの製品はスピーカーも一体型のものなので、この製品さえあればレコードを楽しむことができ非常に手軽です。ここで、少しマニアックな製品を紹介してくれた。林:携帯やPCでの音楽をもっと高品質に聴ける「イヤホンDAC」です。あっこゴリラ:こちらはどんな製品なんですか?林:iPhoneやPCで音楽を聴く場合、直接イヤホンジャックなどで聴いている方がほとんどだと思いますが、こちらの製品を間にかますと音質が向上します。ポケットサイズとはいえ歩きながらのリスニングには正直あまり向いてないですが、家などでiPhoneやiPad、PCなどからスピーカーで音楽を流す際はこちらがおすすめです。

次ページは:見た目はサングラスだけど、音楽が聴ける!?

1/3ページ

最終更新:J-WAVE NEWS
タグ: