位置
イヤフォン → 240Hzでるゲーミングプロジェクター。あこがれの大画面ゲームに最適(ギズモード・ジャパン) - Yahoo!ニュース

240Hzでるゲーミングプロジェクター。あこがれの大画面ゲームに最適(ギズモード・ジャパン) - Yahoo!ニュース

配信

1コメント1件

240Hzでるゲーミングプロジェクター。あこがれの大画面ゲームに最適

240Hzでるゲーミングプロジェクター。あこがれの大画面ゲームに最適(ギズモード・ジャパン) - Yahoo!ニュース

これで『エルデンリング』やったら最高では?ホームシアターを実現したい人にとって、オールインワンプロジェクターはお金をかけずに夢を実現するための手軽な手段です。【全画像をみる】240Hzでるゲーミングプロジェクター。あこがれの大画面ゲームに最適数多い4Kオールインワンプロジェクターの中でBenQの「X3000i」を選ぶ理由は青、赤、緑とブースター用の青による4個のLEDと、比較的コンパクトな本体でありながらスクリーンや壁に3000ルーメンの映像を投影できる点でしょう。昨年テストした2500ドル(約29万円)の単焦点プロジェクターことXGIMI Auraは2400ルーメンだったので、完全に部屋を暗くできない環境では2000ドル(約23万円)のBenQ X3000iが良い選択肢のように思えます。

ウォームアップ不要でファンレス

BenQはによれば、LED方式にはプロジェクターをフル輝度にするためのウォームアップの時間が必要ないこと、発熱が少ないために大きな騒音を出す冷却ファンが必要ないこと、LEDの寿命は最大2万時間なので1日5時間程度の使用なら10年間持つことなど、従来の電球と比較して多くのメリットがあると説明しています。X3000iで1080p解像度/240Hzの映像を表示した場合には4ms、1080p/120Hzでは8ms、4K/60Hzなら16msの応答速度を実現。最新のゲーミングモニタ(1ms)には及びませんが、対戦型ゲーマーはプロジェクターを選択することはほとんどないので問題はないはずです。X3000iの背面には2つのHDMI 2.0bポート(1つはeARC対応)、USB-Aポート(ストリーミングデバイスに給電可能)、SPDIF、イヤホンジャック、電源コネクタ、RS-232ポートが用意されています。プロジェクターの側面にはコントロールボタンとフォーカス、光学1.3倍ズームのマニュアルスライダーがあり、投影画像の調整が簡単にできるようになっています。内部には3Dサラウンド対応の5Wのスピーカーが内蔵されており、Bluetooth接続でワイヤレススピーカーとして使用することも可能です。BenQ X3000iは公式サイトにてで予約を受け付けており、3月7日から出荷が開始されます。訂正[2022/02/25]リフレッシュレートと応答速度の記述を修正しました。

塚本直樹

最終更新:ギズモード・ジャパン
タグ: