位置
イヤフォン → ag、完全ワイヤレス「COTSUBU for ASMR」を11/12発売。6,980円

ag、完全ワイヤレス「COTSUBU for ASMR」を11/12発売。6,980円

配信

0コメント0件

(写真:PHILE WEB)

ag、完全ワイヤレス「COTSUBU for ASMR」を11/12発売。6,980円

finalは、agブランドのASMR専用完全ワイヤレスイヤホン「COTSUBU for ASMR」を、11月12日(金)からfinal公式ストア及びAmazon内ストア「finalダイレクトショップ」、直営店舗「final STORE」のみで限定販売する。価格は6,980円(税込)。【装着写真】高い装着感でコンテンツに没入させるfinalによるASMR/バイノーラル録音専用有線イヤホン「E500」を進化させ、完全ワイヤレス化を実現したというモデル。9月の製品発表時には「11月」としていた発売日や価格が明らかになった格好だ。ASMR専用の音質設計と耳穴に最適にフィットする本体形状により、「まさにASMR作品を再生するために生まれた製品」と同社はアピールしている。出演者の声や息づかい、コンテンツに含まれるサウンドの距離感や実在感を明瞭に感じとることができるとしており、空間表現に関してはベース機「E500」よりも広く、距離感についてはより微細な動きも感じとることが可能になっているとのこと。また、完全ワイヤレス化を果たしたことにより、使用者をケーブルの煩わしさから解放。加えて、本体は片側約3.5gのシリーズ最小・最軽量設計を実現している。装着時に出っ張る部分が生じず、ソファなどにもたれ掛かっても、異物感や圧迫感が無く快適な装着感を提供するという。さらに、本体をわずかに回転させることで様々な耳穴のかたちにフィットさせる「アジャストフィット機構」を搭載。コンテンツにより深く没入できるよう、装着感に配慮した設計となっている。付属のイヤーピースについても、「至上最高の装着感」を実現するfinalの定番イヤーピース「TYPE E完全ワイヤレス専用仕様」を3サイズ備える。また小さな耳のユーザーに向け、SSサイズのイヤーピースから同梱している。SoCにはQualcomm「QCC3040」を採用しており、BluetoothはVer.5.2、コーデックはSBC/AAC/aptXに対応。その他の機能として、ケースを開けるだけでペアリングを開始する「オートペアリング機能」や、イヤホンの左右どちらかを使いながら、もう一方は充電しておくといった使い方を可能とする「片耳モード」を備える。連続再生時間は本体のみで最大5時間、ケース併用で最大20時間。快適な通話を実現するという高性能MEMSマイクや、不意のイヤホン落下を防止する「カチッとマグネット設計」なども搭載。また、イヤホンおよび充電ケースは指紋が目立たない「粉雪塗装仕上」を施すほか、イヤホン本体についてはIPX4の生活防水に対応する。なお、紛失の際は片耳の購入が可能となっている。

編集部:松永達矢

最終更新:PHILE WEB
タグ: