位置
電話ケース → 【歯科医監修】ホワイトニングはどこも同じじゃない? 注意点と自宅ケアの費用や方法

【歯科医監修】ホワイトニングはどこも同じじゃない? 注意点と自宅ケアの費用や方法

白い歯の笑顔は、明るい活動的なイメージを人に与え、とても魅力的にうつります。そもそも、歯の白さはどうしてなくなってしまうのでしょうか?

目次

【歯科医監修】ホワイトニングはどこも同じじゃない? 注意点と自宅ケアの費用や方法

・歯が黄ばんでしまう原因・歯科医に聞く、ホワイトニングの注意点と方法・自宅でのホワイトニングをオススメ?・歯科医院でのホワイトニングの費用・もっとお手軽に自宅でホワイトニング

(c)puhhha - stock.adobe.com

歯が黄ばんでしまう原因

(1)お茶やワインなどの飲食物による着色(ポリフェノール、タンニン、カテキン、合成着色料が影響します)(2)喫煙による黄ばみ(タバコのヤニが不着して黄色くなります)(3)加齢によるくすみ(4)虫歯であったり、歯の神経が死んでしまったりすると黒ずんだ色の歯になる(5)強い歯ぎしりにより歯のエナメル質に小さなひび割れ(マイクロクラック)が入り、そこに色素が沈着して着色してしまう。(6)歯垢(プラーク)といって食べかすの中で繁殖した細菌が増殖すると歯の根元や隙間が黄色くなります。特に(6)歯垢の場合、歯に不着して時間が経過すると歯石といって、日々の歯磨きでは除去できないうす黄色い石のような石灰化した物質になります。デンタルホワイトニングに関する広告は多くみかけますよね?歯科医院でできるホワイトニングやホワイトニングサロンでの予算や内容、自宅でできるホワイトニングの費用や方法について、知らないことが多いのではないでしょうか?そこで、歯周病治療の専門医でもあり日本歯周病学会と日本臨床歯周病学会の指導医でもある若林健史歯科医師に、デンタルホワイトニングについてお伺いしました。

歯科医に聞く、ホワイトニングの注意点と方法

記者:デンタルホワイトニングといいますと審美歯科として最近では人気の歯科治療のようですが、希望される患者さんはどういった方が多いのでしょうか?

若林先生:歯科医院でデンタルホワイトニングを希望される患者さんは、単に歯が白くなればよい、というスタンスよりは、自然な白い歯、そしてお口周りの自然な審美(見た目のきれいさ)を希望される方が多いようです。当医院では、ホワイトニングでいらした患者さんでも、お口の中の検査やクリーニングに充分に時間をかけます。虫歯がある状態でホワイトニングをしますと痛みを生じたり知覚過敏になるケースもありますし、歯垢や歯石がある状態でホワイトニングしますと、どうしてもムラのある白になりかねません。また、インプラントや差し歯、治療による詰め物などが入っている場合、それらの歯の色にあわせた白が求められますので、場合によっては人工の歯や詰め物そのものを交換するケースもあります。

記者:歯が汚れた状態でホワイトニングしてもよくないですね。先生のところでは、どういったタイプのホワイトニングを提供されているのでしょうか?

若林先生:ホームホワイトニングという患者さんのご自宅で行っていただくタイプのホワイトニングを提供しています。まず、検査やクリーニングが完了した状態で、患者さんオリジナルのマウストレー(マウスピース)を作成します。

若林歯科医院で提供するホームホワイトニングのジェルは粘性があるので下の歯にも使いやすい。粘性が弱いと流れ出てしまうケースもあるとか。

ご自宅では、そのマウストレーに、ホワイトニングのジェルを塗布してマウストレーを歯にはめていただきます。その状態で一定時間(2時間ほど)過ごしていただき、その後、マウストレーを取り外し、30分ほどはお水以外の飲食はひかえていただき、その間にマウストレーをお水で洗っていただき専用のケースに保存していただく、といった流れになります。

自宅でのホワイトニングをオススメ?

記者:自宅でのホワイトニングのメリットはございますでしょうか?

若林先生:歯科医院で行うホワイトニングには、もう一つオフィスホワイトニングという一度で白くする方法があります。一度で治療がすむ便利さはあるのですが、薬剤の化学反応を促進する為に、特殊な波長の光を照射して白くする関係上、光が届き難いため奥歯をキレイに白くするのが難しいのです。また、1度の治療で白くしますので、その分、ムラができたり痛みがでるケースもあります。これらの理由から、当医院では、ホームホワイトニングを行っております。

記者:ホワイトニングサロンとの違いとなりますと、やはり、歯科治療や歯科衛生士によるクリーニングが大きいということでしょうか?

若林先生:そうですね、虫歯や歯周病の治療、歯科衛生士のPMTCと呼んでいます専用機器による歯面清掃は、ホワイトニングのサロンではできないことですね。基本的なことですが、口の中に手を入れるとか、本来、歯科医師や歯科衛生士でないとできないことなのです。なので、サロンでは実際にどんなことをしているのでしょうかね?記者:ホワイトニングのサロンでは、お客さんが自分で薬剤をぬって光をあてることでホワイトニングしているようです。

歯科医院でのホワイトニングの費用

デンタルホワイトニングをしっかりと行うには、やはり歯科医院にて行っていただくのが安心。費用は、医院さんによりますが、若林歯科医院では4万円ほどです。歯科医院でも、検査・治療やクリーニングを実施せずにホワイトニングするところもありますので、そういったところは更にお安い設定になっています。以上医療情報監修:歯周病専門医日本歯周病学会認定の専門医であり指導医でもある。日本歯周病学会理事。日本臨床歯周病学会副理事長。TVCMにも多数出演。院長をつとめる若林歯科医院(東京:恵比寿)は、日本歯周病学会及び日本臨床歯周病学会の指定研修施設でもある。

もっとお手軽に自宅でホワイトニング

最近では、ホワイトニングに特化した歯磨きやホームケアアイテムも充実のラインアップを揃えています。それらを日々活用することで、安価にお手軽に歯のホワイトニングに期待ができそうです。編集部でいくつかホームケア商品を独自にピックアップしてみました。まずは自宅ケアからお試してみてはいかがでしょうか。

パールホワイトPROEXプラス


ブラッシングのみで行えるお手軽なホワイトニング。研磨剤や発泡剤は不使用のリキッドタイプです。数日間で効果を実感できるのだとか。「パールホワイトPROEXプラス)」の詳細はこちら

はははのは


歯のホワイトニングも口臭対策も期待できるオールインワンタイプのハミガキジェルです。低刺激で使いやすいのも特徴。「はははのは」の詳細はこちら

プレミアムブラントゥース


植物由来の成分でホワイトニング効果が期待できるジェルです。海外セレブにも人気のようです。「プレミアムブラントゥース」の詳細はこちら
タグ: