位置
電話ケース → ニュース 【財布編】冬ボーナスで買いたい「ルイ・ヴィトン」の定番&新作3選

ニュース 【財布編】冬ボーナスで買いたい「ルイ・ヴィトン」の定番&新作3選

【財布編】冬ボーナスで買いたい「ルイ・ヴィトン」の定番&新作3選

1年をがんばった自分へのご褒美リストの筆頭は、やっぱりラグジュアリーブランドのバッグや財布。なかでも真っ先にチェックしたいのはやっぱりルイ・ヴィトンだろう。収納力たっぷりで使い勝手にも定評のあるルイ・ヴィトンの長財布には、おなじみのダミエから最新のコラボモデルまで揃っている。【写真】「ルイ・ヴィトン」2021年発売の新作バッグ&小物のアイテム画像をもっと見る

PORTEFEUILLE BRAZZA/ DAMIER GRAPHITE

長財布¥77000/ルイ・ヴィトン(ルイ・ヴィトン クライアントサービス)

ニュース 【財布編】冬ボーナスで買いたい「ルイ・ヴィトン」の定番&新作3選

【男子の定番柄として人気の「ダミエ」をモノトーンで】ポルトフォイユ(PORTEFEUILLE)は、ロングセラーを誇るルイ・ヴィトンの折り畳み式財布。中でもブラザ(BRAZZA)はクレジットカードや紙幣の収納ポケットを多数備えた、実用的なシリーズだ。1888年に生まれパリ万博で披露された歴史あるアイコン「ダミエ」は、100年以上の時を超えて1996年に復活。モノトーンで洗練されたダミエ・グラフィット(DAMIER GRAPHITE)には新定番としての風格も。外装はコーティングキャンバス、内装はブラックのグレインレザー。コイン用のファスナーポケットのほかにも4つの大きなポケットがあり、領収書などもきれいに整理できる。縦19×横10×マチ2cm。

PORTEFEUILLE BRAZZA/ EPI

長財布¥86900/ルイ・ヴィトン(ルイ・ヴィトン クライアントサービス)

【レザー派にはエレガントなエピを】ライン状の型押しが美しいエピ・レザーは1985年に登場して以来の定番。こちらもアーカイブからヒントを得たパターンで、控えめながらアイコンとしての存在感は抜群。「財布やバッグはやっぱりレザー」という男女LVファンに愛されている。シックなブラックはタイムレスに使える最高のカラー。内装や収納は前出のダミエ・グラフィットと同様。エレガントなルックスはスーツやフォーマルなスタイルにもマッチして、ステイタスを上げてくれる重要小道具だ。縦19×横10×マチ2cm。

ZIPPY WALLET VERTICAL

長財布¥143000/ルイ・ヴィトン(ルイ・ヴィトン クライアントサービス)

【モノグラム・デニムのドリップデザインが斬新】ヒューマンメイドのデザイナーとして活躍する、NIGOとのコラボレーション。モノグラム・デニムを、溶けたアイスクリームのようなドリップ・パターンであしらったデザインが話題に。コラボレーションを象徴するハートのロゴがアクセント。バッグから取り出せば注目の的に。外装はデニムとトリヨンレザーとのコンビネーション。内装はブルーのレザーにゴールドのロゴ、ファスナーポケットのほか、名刺、カード用など多数のポケットを備える。日本限定商品。縦20×横10×マチ2cm。Photos:Naoki Seo/Stylist:Takumi Urisaka/Composition & Text:Hisami Kotakemori

タグ: