位置
電話ケース → エース北山氏によるShopify構築日記#7〜管理機能・商品管理〜前編

エース北山氏によるShopify構築日記#7〜管理機能・商品管理〜前編

今、多くの注目を集めているShopify。使いやすさや費用、拡張性に優れており、カナダ発のサービスでありながら日本への進出が進んでいる。そんなShopifyで、カバンやキャリーケースなどを販売しているエース株式会社がアウトレットECサイトを構築し2021年6月7日に開設した。(https://outlet.ace.jp/)それまでにどのような情報収集を行い、制作パートナーとはどのようなコミュニケーションを行ってきたのかを事業者目線で、EC担当者の北山氏(@rossi_kitayama)がnoteで日記を連載している。・今すぐ全ての日記を読みたい方はこちらから→https://note.com/ec_zoe/m/m34add23a39f0ECのミカタでも北山氏の日記を紹介させていただく。Shopifyでサイト構築を考えている事業者はぜひ参考にしてみてほしい。

エース北山氏によるShopify構築日記#7〜管理機能・商品管理〜前編

管理機能のメインである商品管理のチェックに入ります。今までやっていたことが出来る出来ないの認識ズレが、後での後悔となります。ぜひ、機能チェックではやりたいことがしっかりとできるかどうか?ここを中心にチェックすることをお勧めします。

1.商品追加

商品名、価格、商品詳細、備考欄などの商品基本データの登録が行えます。商品登録数は無制限です。Matrixify:https://apps.shopify.com/excel-export-import

2.商品ページを複製する

新しい商品を追加するときに時間を節約するため、同様の商品を複製することができます。3.Shopify POSから商品登録を行うShopify POSの画面から新しい商品を作成することができます。利用方法のイメージですが、リユースとか店舗のみしか扱っていないアイテムを店舗から登録できるとEC担当者としてはとても嬉しいですね。4.商品を編集する商品の作成後、商品を編集して説明、価格、その他の商品詳細を変更できます。当たり前の機能といえばこれがないと逆に怖いw

5.販売チャネルの商品在庫管理

アクティブな販売チャネルで在庫ありにすることで、商品をどこで販売するかを制御できます。

6.タグの追加と削除

タグで商品に関連付けられた検索可能なキーワードを設定できます。これがないと商品探しが沼化していきます。

7.SEO対策

商品の詳細ページの検索結果に表示される商品の表示方法を編集できます。ここは注力するべきところです。8.商品のバーコード入力Shopifyのアプリを使用して、モバイルデバイスのカメラでスキャンすることで商品のバーコードを入力することができます。9.商品の削除1つの商品を削除するか、一括操作で複数の商品を一度に削除することができます。当然の機能です。ここで難しいのはとある商品がとてもよく売れて廃版となる場合。ページのパワーがあるので削除した場合にSEO的に影響が出るかも。逆に、ほぼ売れていない・アクセスのないページを削除すると上がる場合があるので削除は慎重にしたいです。Shopifyヘルプセンター:商品の追加と更新を行う

10.商品のバリエーション登録

カラー、サイズ、素材など幅広くバリエーションを作成することができ、各SKUと在庫と重さを設定することができます。(1つの商品に対して最大100種類のバリエーションを作成可)

バリエーション〜管理機能・商品管理〜の後編に続く

タグ: