位置
オーディオ → ニュース 今年も売れそう!2021年日本で一番になった日産ノートオーラのどこが凄いのか?

ニュース 今年も売れそう!2021年日本で一番になった日産ノートオーラのどこが凄いのか?

2021年8月に発売となった日産「ノートオーラ」が絶好調だ。2021-2022年度の日本カーオブザイヤーを受賞したこともあるが、とにかくユーザーからの評価も高い。これまでの「コスパ重視」というコンパクトカーの概念を超え、コンパクトカーながら上質さと余裕のある走りを実現したノートオーラは、発売から3週間で受注1万台を超える人気車となっている。ノートオーラはなぜ人気となったのか。日本カーオブザイヤー2021-2022は日産ノートが圧勝した理由

ニュース 今年も売れそう!2021年日本で一番になった日産ノートオーラのどこが凄いのか?

■未来的でおしゃれなデザイン、静かで力強い走りが魅力

コンパクトカー「ノート」をベースに、素材の肌触りのよさや、空間の心地よさといった感性品質を向上させたことで、e-POWERの魅力を存分に引き出すクルマとなったノートオーラ。その魅力のひとつはデザインにあることも事実ではないだろうか。デザインというと、好みがわかれ、正解は見つけにくいが、2021年グッドデザイン賞を受賞しているノートオーラ。そのボディサイズは、4045mm×1735mm×1525mm(全長×全幅×全高)。フェンダーにボリュームを持たせた分、ノートよりも全幅が40mm拡大したが、それ以外は同じ。エクステリアで、ノートと大きく違うのは「顔」だ。グリルデザインとLEDヘッドライトのデザインを変更し、目元を細く引き締めた印象に仕上げた。LEDのポジションランプや、ヘッドランプ、シーケンシャルターンランプを組み合わせ、Vモーションをライティングでかたちつくる。走りの新しさを、わかりやすく顔で表現している、とユーザーは感じたのではないだろうか。

そしてふたつめは、品のいいインテリアだ。インテリアも室内空間の寸法はノートと変わらないが、シート、ダッシュボード、アームレストなど、ユーザーが直接触れるパーツ素材に、高級スーツにも使用されるツイード織物に模した生地を採用し、アドバンスドドライブアシストディスプレイに12.3インチの1枚の液晶パネルを設置する。オシャレで未来的な車内空間の居心地は抜群にいい。このクラスは得てしてべとべとになりそうな、100均でもなさそうなプラスチックか、ゴテゴテに華美でごまかす内装になりがちだが、とにかく落ち着いている。そしてもうひとつは、心地よい移動空間を実現したこと。ルーフやドア、フロントドアのガラスなど見えない部分にも遮音対策が徹底的に施され、運転席、助手席のヘッドレストにスピーカーを埋め込んだ「BOSEパーソナルプラスサウンドシステム」をオプションで設定すれば、リッチなサウンドを聴きながらドライブが楽しめる。パワートレインは、2WDも4WDも前輪のモーターは最高出力100kW、最大トルク300Nm、加えて、4WDは後輪に、最高出力50kW、最大トルク100Nmのモーターを搭載する。前輪のモーター出力は、ノートに対し出力が15kW、トルクが20Nm向上という、余裕のある走りだ。実際にハンドルを握ると、ノートオーラはエンジンの存在を忘れるほど静か。まるでピュアEVを運転しているかのような走りだ。ノートオーラならば、充電設備などを理由にピュアEVの購入をためらう方も、ピュアEVに近い走りを味わうことができるだろう。

次ページは:■狙うのは、強豪揃いの輸入コンパクト最終更新:FORZA STYLE
タグ: