位置
イヤフォン → 「聞こえるよ!歌が聴こえる!」ノイズキャンセリングのイヤホンで難聴の祖母が笑顔に 思わぬ効果に驚く孫に聞いた

「聞こえるよ!歌が聴こえる!」ノイズキャンセリングのイヤホンで難聴の祖母が笑顔に 思わぬ効果に驚く孫に聞いた

耳が遠く、大好きな「音楽」や「テレビ」を楽しめずふさぎ込んでいた、高齢の祖母。ふと思い立ち、自分が愛用するノイズキャンセリングのイヤホンを貸してあげた孫。すると、「聞こえるよ!歌が聴こえる!」と、たちまち笑顔になった祖母の嬉しそうな姿がネットで話題です。

「うちのばあちゃん、80超えたあたりから耳が遠くなって90前にはなかなか話すのも難しいレベルになった。大好きだったラジオもテレビも聞こえないという理由で離れた。昨日何となく僕のノイズキャンセリングイヤホンを付けてあげてみた。それで演歌を流してみたところ【続く】」

「『聞こえるよ!歌が聴こえる!』と嬉しそうに話す。それからイヤホンをつけてラジオを聴いたり、演歌を見たり、ipadに繋いで映画を見たり、かなりエンジョイしている。補聴器でも雑音が酷くて聞き取れなかったからノイキャンで聴こえるんだなぁ。なんか文明に感動してる笑」とつぶやき、1枚の写真をツイッターに投稿した、夏樹𓆉自然愛好家さん(@Sea_monkey7)。そこに写っていたのは、イヤホンから聞こえる「歌」に耳を澄ませているおばあちゃんの姿!

「あくまでも僕のおばあちゃんが今回体験したお話で、科学的根拠や医療的根拠は分かりません」「お医者様と相談してからの方がスムーズにことが進むだろうし、医師の意見を聞くことはとても大事なことです」と明言していた夏樹さん。しかし、祖母に笑顔をもたらした孫の思いやりとアイデアに、リプ欄には、同じ境遇の家族を持つ人たちからのリアルな声が多数寄せられました。

「母が此の時代に生きていたら、いの一番に買ってあげたかった」「難聴は耳の機能が壊れていなければ、周囲の音総て同じ音の大きさで聞こえてしまう。ノイキャンで周囲の音を取り払えれば聞こえると言うのは理にかなってますね」「耳が遠くなった祖父母に骨伝導が付いた携帯をあげたら電話が良くかかってくるようになりました」

もちろん、「会話」を聞き取るサポートを命題とする補聴器と、音楽などを集中して聞くためのノイズキャンセリングのイヤホンでは、機能も使用用途もまったく異なります。夏樹さんも、「あくまでも僕のおばあちゃんが今回体験したお話で、科学的根拠や医療的根拠は分かりません」と明言しています。

夏樹さんのおばあさまも病院で検査を受け、補聴器を作られたそうです。しかし補聴器が合わず、だんだんと使用しなくなり、一日中ぼーっとすることが多くなったため、祖母をなんとか元気づけたい…と思ったそうです。そんな祖母思いの孫の優しさがもたらした「祖母の笑顔」について、夏樹さんにお話を伺いました。

聞こえるよ!歌が聴こえる!

ーー夏樹さんのブログによると、歌が聞こえるとおっしゃった後、おばあさまは歌い出されたそうですね。ご家族もその様子に驚かれたとか。

「歌い出したとき、指揮者のように手でリズムを取り、ニコニコしながら歌っていました。本人はイヤホンのおかげで聞こえたと理解している感じではなかったのですが、ただただ、音楽が聞けたことに喜びを感じていたようでした」

ーーなぜ今回ノイズキャンセル機能付きのイヤホンを試してみようと?

「聞こえるよ!歌が聴こえる!」ノイズキャンセリングのイヤホンで難聴の祖母が笑顔に 思わぬ効果に驚く孫に聞いた

「自分自身が聴覚過敏で、周りの雑音が耳に入ってしまうためノイキャンを使用しているのです。以前祖母が、『補聴器を付けるとザーザーうるさくて聞こえない』と言っていたのを思い出して、ノイズキャンセリング機能なら、もしかして雑音を消して聞きたい音だけを聞けるかも?と思い、着用させました。またこの日、祖母は退院したばかりで、少しでも楽しく過ごして欲しいと思った…というのもあります」

ーーおばあさま思いですね…。

「もともとばあちゃんは明るく前向きな人なのですが、大腸ガンが発覚してオストメイトになったり、2週間の入院とコロナの影響で面会ができなかったこともあり、かなり気持ちは落ちていたと思います」

ーー今回試された機種は、夏樹さん愛用のANKERの「Soundcore Liberty Air 2 Pro」とのこと。今後は、テレビやラジオにつなげられることや充電の手間、紛失の可能性などを考慮して、「有線」タイプのノイズキャンセリングイヤホンを使うことを検討中なのだとか。

「機種をいろいろ『体験』してもらってから購入するつもりです。骨伝導タイプは自分も使った経験がないので、ぜひお店で試してみようと思っています」

ーーその後のおばあさまのご様子は?

「歌を聴いて楽しんだ後、ラジオが聞きたいとのことだったので、アプリで聞いてもらいました。ラジオで流れる新しい曲を聞いて、『こんな曲が流行ってるの?』『あんまりこの曲は好きじゃないわ~』『これはいい曲ね』と、積極的にいろいろと自分から発言していました。今はタブレットで時代劇のYouTubeを見ることにハマっています(笑)。長らく声をちゃんと聞けていなかったせいか、よく、『声が違うけどやっぱり俳優さんはかっこいいね』といった話を楽しそうにしてます」

◇ ◇

今回のことはあくまでも夏樹さんのおばあさまが体験したことであり、医学的、医療的な根拠はありません。また、音楽観賞用のイヤホンは「会話」を聞くためのサポートをするものではありません。難聴などの症状がある場合はきちんと医療機関を受診し、必ず医師に相談してください。

■夏樹さんのブログ

■夏樹さんのInstagram「ntarou_shinsyou」

タグ: