位置
イヤフォン → Bluetoothイヤホンが勝手に電話するので困ります!? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ | マイナビニュース マイナビニュース マイナビ

Bluetoothイヤホンが勝手に電話するので困ります!? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ | マイナビニュース マイナビニュース マイナビ

イヤホンのBluetooth化が進み、最近の売れ筋はAirPodsに代表される左右独立の完全ワイヤレス。ほとんどの製品はマイクを内蔵し音声通話にも対応するため、スマートフォンを手にせずハンズフリーで話している人もよく見かけます。

しかし、思わぬ動作に悩む人も。「いつのまにか知らない番号に発信していた」とか「勝手にリダイヤルされた」といったトラブルをよく耳にします。これは困りますね。

iPhoneの場合、Bluetoothイヤホンによる電話関連のトラブルは「勝手なリダイヤル」と「Siriによる勝手な発信」が大半を占めます。完全ワイヤレスイヤホンの多くは操作用にタッチセンサーを搭載しているため、無意識に触れたためにリダイヤルは起こりがち。Siriなどのボイスアシスタントをサポートする製品の場合、どう聞き違えたか知らない番号へ勝手にダイヤルすることもあります。

Bluetoothイヤホンが勝手に電話するので困ります!? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ | マイナビニュース マイナビニュース マイナビ

イヤホンによる勝手なリダイヤルを防ぐには、「リダイヤル機能を持たない製品を選ぶこと」。完全ワイヤレスイヤホンは製品によって操作体系が異なるためひと括りにはいえないものの、再生/停止ボタンのダブルクリック(ダブルタップ)でリダイヤルする仕様の場合、うっかり触れてしまいがちというイヤホンの特性を考えれば、勝手なリダイヤルを完全に防ぐことはできません。なお、操作用ボタンをカスタマイズ可能な製品の場合、リダイヤルを無効化しておくのもひとつの方法です。

Siriによる勝手な発信を防ぐには、『設定』→「Siriと検索」画面にある「ロック中にSiriを許可」スイッチをオフにします。iPhoneのロック中に「ヘイ、Siri」で機能を呼び出せなくなるものの、Siriが周囲の声を聞き間違えてどこかへ電話してしまう、という事態は防げます。

タグ: