位置
電話ケース → クラウドファンディングプラットフォーム『Kibidango(きびだんご)』が同社初となる商品開発に挑戦

クラウドファンディングプラットフォーム『Kibidango(きびだんご)』が同社初となる商品開発に挑戦

きびだんご株式会社 この度、きびだんご株式会社(本社:東京都新宿区)は、商品開発からクラウドファンディングを経た市場投下までをワンストップで行う「Kibi-Labo(きびらぼ)」を発足。その初回プロジェクトとして、「画期的システム満載の3WAYビジネスバッグ【VOLVE】」を発表いたしました。また、同製品の商品化を目指すクラウドファンディングプロジェクトを自社サービス「Kibidango」にて実施しています。<取り組みの背景>日本市場におけるクラウドファンディングは、すでに製造販売が決定している商品のプレマーケティング・予約販売の場としての活用が昨今の主流となっています。一方で消費者の声や関係性に重きをおき、目標金額を達成した場合のみ事後の製造開始を行うといったクラウドファンディングが持つ本来特性の実質的活用も、これからの社会における持続可能な開発環境づくりにおいて有用であると考え、プラットフォームであるKibidango自らがまずその可能性を示すことを目的として開始したものが「Kibi-Labo(きびらぼ)」です。■【VOLVE】について【VOLVE】(ヴォルヴ)は、これまで数多くのプロジェクトのサポート・販売を⾏ってきたクラウドファンディングサービス「Kibidango(きびだんご)」による、「『ユーザー×Kibidango』ビジネスバッグ開発プロジェクト」から誕⽣した新時代の3WAYビジネスバッグです。・商品詳細プレスリリース:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000482.000016803.html・商品販売ページ:https://kibi.co/volve2■プロジェクト責任者より「きびだんご海外面白商品探索部(きびたん)」事業を通じて、きびだんごは多数の海外発のバッグプロジェクトに携わってきました。その中には、支援額がバッグカテゴリーにおいて国内最高記録(当社調べ)を打ち出した案件もあれば、思うように支援が集まらなかった案件もあります。Kibidangoには、これから始まるプロジェクトを事前に公開する「プロジェクトの種」という機能があります。きびたん事業での経験を活かしながら、「プロジェクトの種」ページを使い、エンドユーザーの皆様と共同開発のような形でプロジェクト化ができるのではと考えたのが【VOLVE】誕生のきっかけです。「プロジェクトの種」ページを公開した段階では「皆様とバッグを作りたい」という想いしかないページでしたが、多数の方から熱い応援コメントをいただき、また複数回実施したアンケートでもフォローをいただいている皆様の期待の高さを実感しました。最初のプロトタイプが完成した際はメンバー間では手応えを感じた一方、知財保護の観点からエンドユーザーの皆様に情報を上手く開示することができず、「共同開発」という点において悩みを抱えながら進めたのも事実です。結局、【VOLVE】の全容を公開できたのはプロジェクト開始の直前となり、それまでは試作開発前のアンケートデータが皆様の想いを実現する唯一の手がかりに。幸い、全容公開後も高い関心と公開を待ち望むコメントもいただき、550万円という決して低くない目標額もクリアすることが出来ました。きびだんごとしての新しい試みは成功したと感じている一方、次はこの経験を活かしさらに面白いKibi-Laboプロジェクトができるのではと思っています。■代表・松崎良太よりKibidangoは、表から見ると普通のクラウドファンディングサイトに見えますが、実は大きく二種類のプロジェクトが開催されています。一つは、広く一般のプロジェクトオーナー(起案者)の方々が開催するプロジェクト。そしてもう一つは、Kibidangoを運営する、きびだんご株式会社が直接プロジェクトを行うもの。後者について、海外発のユニークなプロダクトを自分たちが直接日本に紹介する「きびだんご海外面白商品探索部(きびたん)」として、これまで200を超える海外メーカーの商品を取り上げてきました。そして今回、VOLVEプロジェクトについては、そうした海外メーカーの商品ではなく、社内の「こんなバッグを作りたい」という声を元に、新たに「Kibi-Labo」という形で、社内外の有識者の意見を取り入れながら時間をかけてじっくりと開発を進めました。コロナの影響もあり、途中何度か暗礁に乗り上げつつも、プロジェクトが目標金額を達成し、無事商品を皆様にお届けすることができることになりました。海外商品を紹介するクラウドファンディングプロジェクトを開催する時にも、自分たちが実際にクラウドファンディングを行ってみて、改めてその難しさに苦労をすることも多かったのですが、今回はチームとして初めてものづくりに携わり、メーカーの方々が常に抱えているさまざまな問題に直面しました。改めて、日々さまざまな素晴らしいプロダクトを生み出しているメーカーや、商品開発に携わっているプロダクトデザイナーの方々に深い敬意を覚えると共に、ユーザーの方々と一緒に商品開発ができるという「ちょっと未来のものづくり」を予感させるプロジェクトとなりました。知財保護など、まだまだ今後解決しなければいけない課題は多く、どうすれば本当にユーザーの方々と文字通り「一緒に」ものづくりができるか、考えなければいけないことも多くあります。まずはその第一歩として、クラウドファンディングプラットフォームとしてはユニークな取り組みとなる、自社商品開発案件としてVOLVEプロジェクトを開催、達成できたことを喜ばしく思っています。今後も「Kibi-Labo」からのプロジェクトをぜひご期待ください。■きびだんご株式会社について「Kibidango(きびだんご)」は、中長期的にお客様との関係性を築いていくネット通販の仕組みと、商品やサービスに共感を通じた「自分ゴト化」という付加価値を提供するクラウドファンディングを組み合わせた、今までにない新しいプラットフォームを提案しています。80%という高い成功率と、業界最安水準の手数料10%が特長です。また、海外のスタートアップ企業やクリエイターを支援し、日本進出プロジェクトを運営する事業「きびだんご海外面白商品探索部(通称:きびたん)」をスタートし、これまでに160以上の海外プロダクトを日本国内に届けてきました。海外プロダクトを日本の皆様に安心して手にとって頂けるよう、技適認証や物流、カスタマーサポートまですべて自社で行える体制を持っています。【社名】きびだんご株式会社【住所】〒151-0034 東京都新宿区上落合3-8-25 FLAMP1304【設立】2013年2月22日【URL】https:/kibidango.com/

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

クラウドファンディングプラットフォーム『Kibidango(きびだんご)』が同社初となる商品開発に挑戦

タグ: